【超人気店】下北沢マジックスパイスで元祖スープカレーの真髄を味わってきた!多彩なスパイスでこの夏をバッチリ乗り切ろう!

m(__)m気に入っていただけたら記事のシェアお願いしますm(__)m

北海道札幌で有名なスープカレー。その代名詞と云われるほどの有名なお店がマジックスパイス。東京の支店である下北沢のマジックスパイスにまた訪問してきました!

〜謝辞〜

以前訪問した記事を『看護のお仕事』様に特集で掲載いただきました〜!

『スパイスで暑い夏を乗り切ろう!グルメナース必見のカレー記事特集☆』

https://kango-oshigoto.jp/media/article/1630

他のカレー店も多く紹介されていますのでぜひご覧ください!




◾︎アクセス。下北沢から少し歩くんですが様々な店舗が並んでいて飽きずに行けます。

スープカレーの元祖 マジックスパイス

所在地:

〒155-0031 東京都世田谷区北沢1丁目40−15

営業時間:

11時30分~15時00分, 17時30分~23時00分

電話: 03-5454-8801

◾︎行列は毎度のこと。待ちたくないなら午前中が狙い目。

土曜日開店15分前に並びましたが既に15人がお待ち。開店時は20人以上。開店後待つ場合は『マチック表』に記入して待つことに。

座席数は結構あり70席くらいあると思いますが、グループ単位で着席するので30組が1回転って感じでしょうか。開店時間前に来れば大抵そのまま座れると思います。

◾︎15分前なので確実に座れました。着席したら早めにオーダーがおすすめ!

初めて来ると店内のエキゾチックな雰囲気とよく分からないメニューのネーミングに圧倒されどう選んだらいいか分かりません。

何度も来ているのでメニューは頭に入っています。早めにオーダー。入店した方が一斉に注文するのでちょっとの差で15分以上出ないこともあります。初めての方はゆっくりメニューを見て、店員さんに聞いたりしながらオーダーすれば良いかと思います。

マジスパはじめてのお客様に。

こちらは注文の仕方。

トッピングもたくさんありすぎてね。大変。

どハマりの方は会員にもなれます。年貢が2000円掛かりますが、毎回なんか貰えるみたい。

メニューが気になる方は過去の記事にメニューを載せているのでご覧ください!

確実に病みつきになるスープカレーを下北沢で食べてきました! 当日は下北沢カレーフェスティバル2016が開催されていて、周辺の店舗がそれ...

夏まつりスペシャルなんてメニューも。定期的にスペシャルなメニューが出ているのも特徴。

選び方、食べ方ご自由に。

必需品のティッシュ。辛さとスパイスでメンズは必ず汗ドバドバのビショビショです。鼻水もビシ・・・やめときます(・x・)

箸とスプーンなどなど。

こちらがテーブルにある魅惑のスパイス。この真ん中の茶色いスパイスをドバドバ入れて食すのが好みです。店内で販売もしていますが100円分くらい入れているかも。すいません(汗

辛さ一覧表。プラス料金で辛さが選べます。私はここに無い『謀叛』を選択。辛さなしです。勝手に名前付けて呼んでます。ぜひ辛さの中に入れて欲しいo(・x・)

土曜日もライス大盛り無料!メンズには助かるサービスです!

◾︎チキン、辛さ謀叛、スープ大盛り、ライス大盛り。でテーブルのスパイスをてんこ盛り。

チキンの謀叛(辛さなし)はスパイスの効いたコクのあるスープカレー。これにテーブルのスパイスを盛るのがかなり好きな食べ方。

辛さありのスープカレーもいいんだけど、一番の好みは『謀叛+テーブルスパイス』になりました。

こちらはチキンでも辛さ天空、ポテントッピング。スープ飲んだけど、美味すぎだけどむせるわ〜。ボリュームも大きくなります。

◾︎帰りはレジ前にあるスパイスをお買い上げ〜。レトルトやスープカレーの素も売ってます。

テーブルにあった魅惑のスパイスを購入することが出来ます。我が家では常にテーブルに常備していて、料理に軽く一振りでいいアクセントになったりしています。スープカレーを自宅で作った際にもこのスパイスのお陰でかなり深みのある味に仕上げることが出来ました。

茶色い方は是非購入をお勧めしたい!騙されたと思って買ってみて!スープカレーの素やレトルトは全国のスーパーなどでも売ってます。恋しくなったら近くのお店で買えるので、このスパイスを加えたら本格的な味になること間違いなし!

当然のことながら、完食後は汗がドバドバのビショビショ。しかも首から上だけ。これがスパイスの効能なのでしょうかね。毎回ビショビショなるほど発汗しますが、気持ちの良い汗です。

未食の方は騙されたと思ってぜひ訪問してみてください!ハマりますよ。




m(__)m気に入っていただけたら記事のシェアお願いしますm(__)m